生食用あんずを購入するには

あんずは加工品が有名ですが、西洋種との掛け合わせにより、生食しても甘くて美味しい品種があります。

また、ちょっと酸味があっても、生の果実が手に入れば手作りのお酒や無添加のジャムを楽しむことができます。

しかし、ドライアプリコットは見たことがあっても、生のあんずはあまり見かけたことが無いという人も多いのでしょうか。

あんずの収穫時期は6月下旬から7月ですが、品種によっても異なります。

実際に店に流通するのは、ほんの1週間から2週間ぐらいなのです。

その1週間を逃してしまうと、生の果実にお目にかかれなくなります。

毎日スーパーや八百屋に行くような主婦ならともかく、これではつい買いそびれてしまいそうです。

それにあんずは日持ちしないため、長い輸送にも耐えられず、あまり広い範囲で流通しません。

確実に生あんずを手に入れようと思うなら、少々お高くなりますがインターネットを活用しましょう。

今では数多くの農園が、ネット販売を手掛けています。

しかし、収穫時期の6月では遅すぎるので、3月、4月ごろからネットでチェックしましょう。