南アフリカのあんず

南アフリカもあんずが栽培される国です。

日本へもドライフルーツ、ジャム、シロップ漬けの缶詰などで輸入されます。

南アフリカはあんず以外にも、ワイン、オレンジなどで知られています。

南アフリカの干しあんずの特徴は、酸味です。

アメリカ産もやや酸味がありますが、それよりも強いです。

酸っぱいドライアプリコットが好きという人は、があるのが特徴なので、酸っぱいのが好きな人にはお勧めです。

南アフリカは南半球にあり、地中海性気候なので、あんずの栽培にも適しています。

ケープタウンにはワイン農園が数多くありますが、あんずもケープタウンで栽培されています。

広大な敷地のブドウ畑の風景は、知る人ぞ知る美しさです。

南アフリカでは、あんずジャムを料理に用います。

ボボティーというミートローフのようなひき肉料理があるのですが、味付けにあんずジャムやウスターソース、レモンなどを使います。

それ以外にもたくさんのスパイスや、アーモンド、レーズンなども使います。