あんずとスモモ

あんずとスモモの見た目は、大きさ・形とともにとてもそっくりです。

あんずはオレンジ、もしくは黄色の皮、スモモは皮の色が赤いのが特徴ですが、ハーコットという品種のあんずは、赤みを帯びてスモモに似ています。

しかし、あんずの実には毛が生えているのに対し、スモモには毛がありません。

スモモもあんずと同様、中国原産のバラ科の植物です。

小ぶりの桃のような形をしていますが、酸味があるのでスモモと呼ばれます。

梅、あんず、スモモはすべてバラ科サクラ属の植物なので、お互いの花粉を利用して人工授粉ができます。

見分け方は皮の色ですが、食感も全く違います。

スモモのほうがよりジューシーです。

分類的にも非常に近い2種類の果物ですが、なんと両方をかけ合わせたプラムコットという品種もあります。

こういった果物を、ハイブリッドフルーツと呼びます。

他にも梨とリンゴ、ピーチとネクタリン、オレンジとグレープフルーツなどのハイブリッドがあります。