生あんずの栄養価

あんずは美容、健康に良い食べ物としても注目されています。

代表的な栄養素は、ベータカロテンです。

ベータカロテンは、植物に含まれる色素の一つで、あんずの橙色の元にもなっています。

体内でビタミンAに変化し、抗酸化作用や免疫機能アップなどの働きを持ちます。

ベータカロテンが含まれている食べ物といえば、かぼちゃ、ニンジン、ホウレンソウなどです。 どれも色の濃い植物ですね。

また、クリプトキサンチンという成分も含まれています。

クリプトキサンチンは、オレンジ色の成分で、ミカンに含まれていることで知られています。

ベータカロテンよりも体内で留まる時間が長く、抗酸化作用などの働きをします。

クエン酸も含まれていて、あんずの酸味の元になっています。

こちらも柑橘系の果物に含まれている成分で、疲労回復に役立ちます。

マグネシウム、カリウムなどのミネラルも含んでいます。

カリウムはあんずの実100g当たり200mg含まれています。

カリウム不足になる人は多いので、積極的にあんずで補うと良いでしょう。